Webデザイナーに必要な制作環境はMacなのか、Windowsなのか?

一般的には、Webデザインに限らず、クリエイティブ系はMacを使っている方が多いというイメージではないでしょうか。

今回はWebデザイナーのPC環境について解説します。

Photo By: kenichi nobusue

制作環境は会社によって異なる

いきなり結論ですが、Webデザイナーに必要な制作環境というのは、最低限、Adobe系のソフトがあれば問題無いので、OSはMacでもWindowsでもどちらでもかまいません

OSによって作業効率が著しく変わることも無いです。

重要なのは必要なソフトがあるか無いかなので、OSの問題では無いということ。

実際問題、最近のWeb制作会社ではWindowsメインの会社もありますし、Macメインの会社ももちろんあります。制作環境は会社によって異なります

なぜ、Macメインの会社があるの?

Macメインの会社に多い理由として考えられるのは、印刷物も手掛けている場合です。

印刷物を作成するためには、印刷会社にデータを渡す必要がありますが、印刷業界では印刷工程のデジタル化をMac環境で構築してきたという歴史があります。

これは、印刷関係者が印刷データのデジタル化をするにあたり、実務に耐えうる製品が実質的にMacとAdobe製品しか無かったことが関係しています。

そのため、印刷物用のデータを作成する側もMac環境で構築していったのですね。

そこからWebデザインも手掛けるようになり、それまで使っていたMac環境が自然とベースとなっている、というケースが多々あります。

ただ、現在では印刷業界全体がWindows環境にも対応してきているので、現状はMacでもWindowsでもどちらでも支障はありません。

Webデザイナーには印刷物のデザインをされていた方も多いので、その流れでMacをメインで使っている方が多いというのもあります。

WindowsでのWebデザインに支障は無いのか?

Webデザインそのものに関して言うと、Windowsであることで何かWebデザインに支障をきたす、というようなことはありません

強いて挙げれば、Macでしか使えないフォントがある、ということくらいでしょうか。

また、それまでMacばかり使っていた方にとっては、Windowsは使いづらいと感じることが多々あると思いますが、これについても慣れでカバーできます。

むしろWindowsの方が、Macよりも様々な無料・有料ソフトがあるので、便利な面もあります。

Webデザイナー志望者はMacを使えるようになるべきか?

書類選考や面接の際に「MacとWindows両方使えます」という方がいれば多少はプラスになるとは思いますが、大きな問題では無いと考えています。

私が未経験のWebデザイナー志望者さんと面接して、採用に至ったケースでもMacを使ったことが無い方もいました

Macにしても、Windowsにしても、使っているうちにすぐ慣れてきますので、採用する側としてもそこを重要視はしていません

それよりもWebデザインがどれくらいできるのか、とか、私の場合だったら、Webデザインが本当に好きかどうかを重視していましたね。

このWebデザインが本当に好きかどうかについては、以下の記事もご参考ください。

関連記事未経験からWebデザイナーを目指している方に質問。本当に好きなの?

まとめ

  • Webデザイナーに必要な制作環境という意味ではMacでもWindowsでもどちらでも問題無い
  • Macを使うWebデザイナーは多いが、Windowsでも支障無し
  • 会社によって制作環境は異なるので、使ったことの無いPC環境だったら慣れるしかない

バリバリのデザイン志向のWeb制作会社だとMacメインの会社が多いと思うので、そのような会社に就職したい場合は、Macを持っていないのでしたら、Macが使えるスクールに通うなりして、多少は触っていた方がいいかもしれませんが、ほとんどの場合は大きな問題ではありません

自社のWebサイトを制作・運用するWebデザイナーの場合だと、圧倒的にWindowsメインの会社の方が多いです。通常の会社だとWindowsがメインのPC環境ですよね。会社としてはPC環境を統一したいので、WebデザイナーだけMacというのはあまり無いです。

WebデザイナーはOSを気にするよりも、Webデザインが本当に好きかどうかを確認して、Webデザインスキルの習得や、実際にWebサイトを構築・運用してみることを強くオススメします。