当サイトでも利用している、「SEOに強い」という評判が多いWordPress(ワードプレス)テンプレート『賢威』の評判や特徴等とともにレビューします。

目次

『賢威』は発売から10年目のロングセラー商品

まず、『賢威(けんい:「“権”威」とよく間違われていますが「“賢”威」です)』とは、京都にある「株式会社ウェブライダー」が開発・販売するWordPressのテンプレートのこと。
(WordPressではテンプレートを「テーマ」と呼びますが、多くの方が「テンプレート」と呼んでいるので、以降「テンプレート」と表記します)

『賢威』は2007年1月より販売が開始され、この記事を執筆している2016年1月時点では、発売から10年目となりますが、未だにその人気は健在で、ロングセラーのWordPressテンプレートです。

※『賢威』の販売上の窓口は「株式会社SEMライダー」となっていますが、サポートは「株式会社ウェブライダー」のサポートチームが行っています。

なぜ、移り変わりの激しいIT業界で「10年も」売れ続けているのか?

ご存じの通り、IT業界というのはものすごいスピードで日々、技術やサービスが変わっています。

私はWeb業界にかれこれ15年ほど身を置き、その半分くらいはSEO業界にいましたが、『賢威』のように10年も売れ続けている商品というのはなかなかありません。

このIT業界で10年間売れ続けるためには必ず理由があります。
私が思うに「その理由」とは以下の5つであると考えています。

  1. SEOに強いテンプレート
  2. テンプレートの種類が豊富
  3. 通常では考えられない無料バージョンアップ
  4. プロのSEOコンサルタントによる『SEO戦略マニュアル』
  5. 常設されているサポート体制

それぞれについて、以下解説します。

1.SEOに強いテンプレート

アフィリエイトやSEOの業界にある程度関わっている方は、『賢威』と言えば、「SEOに強いWordPressのテンプレート」という言葉が真っ先に思い浮かぶ方も多いと思います。

『賢威』の何がSEOに強いのかというと「SEOの内部対策がしっかりしている」という点です。

SEOの内部対策とは?

そもそも、SEO対策(検索エンジン対策)は大別すると「外部対策」と「内部対策」に分かれます。

  • 外部対策
    自分のサイト以外から、いかに被リンクを得られるかの工夫
  • 内部対策
    自分のサイトやページが、Googleなどの検索エンジンに評価されやすいHTMLの書き方をすること

この「Googleなどの検索エンジンに評価されやすいHTMLの書き方」を『賢威』がカバーしてくれます。

具体的には「HTMLソースの配置の仕方」や「サイト内でのリンクの置き方」などです。

私も法人向けにSEOの内部対策を指導していたことがありますが、こういう細かいところもしっかり対策することで「確実に」検索順位上昇のプラス要因となります。

同業だった私から見ても『賢威』の内部対策はツボを押さえているのがよく分かりますので、当サイトでも安心して使っています。

2.テンプレートの種類が豊富

次に『賢威』が売れ続けていると私が考えている理由は「テンプレートの種類が豊富」であること。これは後述する「無料バージョンアップ」と密接に関係しています。

バージョンごとに複数のテンプレートがある

『賢威』の最新バージョンは「7(先行公開版)」ですが、『賢威』を購入するとバージョン「6」「7」という2つのバージョン違いをダウンロードできます。

利用できるテンプレート数は11種類

バージョン「6」では5種類、「7」では6種類合計11種類のテンプレートを利用することができます。

また、「6」「7」それぞれに「WordPress版」と「HTML版」があります。

バージョン「7」は色違いを含めると「36種類」

さらにバージョン「7」に至っては、各テンプレートにあらかじめ6種類の色違いが用意されていますので、本公開時には「6種類のテンプレート×6色」の「36種類」が利用できると思われます。

バージョン「6」は後述の「テンプレートメーカー」より自由に配色が変更できます。

賢威「6」のテンプレートデザイン5種

『賢威6』は、左から「コーポレート版」「クール版」「プリティ版」「ヘルシー版」「マネー版」の5種類のテンプレートからなり、購入後の「賢威サポートページ」より、Webブラウザ上で「テンプレートメーカー」を利用することで、主に以下の編集が可能です。

  • テンプレートのレイアウト:カラム数の変更
    • 1カラム
    • 2カラム
    • 2カラムリバース
    • 3カラム
    • 3カラムリバース
  • レスポンシブWEBデザイン:有効・無効
  • 細かな配色指定:カラーコードで指定
    • 見出しのライン
    • 見出しのライン(サイド)
    • ヘッダーの背景色
    • フッターの背景色
    • メニューの背景色(モバイル)

これらの設定を「テンプレートメーカー」で行ってからテンプレートをダウンロードします。

賢威「7」のテンプレートデザイン6種

現在、先行公開されているのは「スタンダード版」「コーポレート版」「プリティ版」「ビューティ版」「クール版」の5種となっており、今後、「ストーリー版」がリリースされる予定です。これらの合計で6種のテンプレートが揃うことになります。

バージョン「7」では今のところ「6」のような「テンプレートメーカー」はなく、そのままダウンロードして利用します。

スタンダード版

HTML版

WordPress版

スタンダード版はまだ「Gray(グレー:灰色)」の1色のみです。今後、残り5色が追加されると思われます。

コーポレート版

HTML版

WordPress版

色は「Blue」「Brown」「Green」「Orange」「Pink」「black」の6色です。

プリティ版

HTML版

WordPress版

色は「PINK」「BLUE」「BROWN」「GREEN」「PURPLE」「RED」の6色です。

特徴としては、『賢威6』の「プリティ版」と比較して、より女性的な雰囲気のデザインになっています。「美容系」「ファッション系」「ライフハック系」「恋愛系」サイトなどにオススメのテンプレートです。

ビューティ版

HTML版

WordPress版

色は「GOLD」「AQUA」「WINE」「GREEN」「PINK」「WHITE」の6色です。

特徴としては、前述の「プリティ版」同様に女性的な雰囲気のテンプレートで、「プリティ版」に比べ、より高級感が出ているテンプレートです。「美容系」「ファッション系」「医療系」「ブライダル系」サイトなどにオススメです。

なお、このビューティ版を使って試しにアフィリエイトサイトを作ってみましたので、ご参考ください。

参考【169件】のジュエルレイン(Jewel Rain)の口コミを徹底調査しました!

よくある1カラムタイプのいわゆる「ペラサイト」的な構成で、ほぼテンプレートのデフォルトのままです。(本気で作る際は、もう少し細部を整える必要がありますね)

クール版

HTML版

WordPress版

色は「BLACK」「RED」「OLIVE」「GREEN」「NAVY」「GRAY」の6色です。

ストーリー版

「ストーリー版」はまだリリースされていませんので、リリースされ次第、掲載します。

今後、「ストーリー版」がリリースされたらサイトデザインの幅が相当広がりますね。


繰り返しになりますが、これらのリリースによって『賢威6』と合わせて11種類のテンプレートと『賢威7』は6種類のテンプレートに各6色ずつの合計36種類を利用することができます。

このテンプレートの豊富さが『賢威』の魅力のひとつですが、これも後述の「無料バージョンアップ」と関係します。

3.通常では考えられない無料バージョンアップ

『賢威』が売れ続けている理由として私が考えている3点目が、この「通常では考えられない無料バージョンアップ」です。

前述の通り、『賢威』は発売を開始してから10年目。

一度でも『賢威』を購入していれば、『賢威』がバージョンアップした際に無料で利用することができます。

『賢威』の公式サイトでも「商品内容6」として「最新の賢威への「バージョンアップ」は原則無料!」と明確に謳っています。

基本的にこのようなアプリケーションやソフトウェアというのは、バージョンアップごとに都度費用が発生するもの。「『賢威』はバージョンアップしても無料で利用できる」というのは異例です。

無料バージョンアップによってユーザーが得られる真の価値とは?

『賢威』の最新バージョンである「7」を例に、『賢威』のバージョンアップによってユーザーが得られる「真の価値」について述べたいと思います。

SEOのトレンドも移り変わりが激しい

これも前述の通り、Web業界というのは移り変わりの激しい業界で、その時その時のトレンドが目まぐるしく変わります。

SEOの世界でも同様で、パンダアップデートやペンギンアップデートといった大きなアルゴリズム変更をはじめとして、細かいものも含めたGoogleのアルゴリズムが“毎日”変更される中、SEOのトレンドも随時変わっていきます。

SEO界隈の最近の潮流は「コンテンツSEO」「コンテンツマーケティング」「オウンドメディア」という言葉をよく見かけるように「コンテンツの良し悪し」が検索順位の決定要因として影響が大きくなっています。

『賢威7』の新機能「キャラ設定」

この最近の検索エンジンが重視している「コンテンツ」力を高めるパーツの一つとして『賢威7』からは吹き出しで対話する「キャラ設定」機能が追加されました。

▼LINEのような感じで対話



▼複数人での対話も

160126_11

この他、まだリリースされていない『賢威7』の「ストーリー版」もこの「コンテンツ」を魅せるためのテンプレートのように思いますが、『賢威』の公式サイトでも謳われているように『賢威7』は「賢威史上もっともコンテンツマーケティングに強いテンプレート」になっています。

無料バージョンアップの「真の価値」

ここで本当にお伝えしたいことは「現時点のSEOの潮流に合わせた『賢威7』が利用できる」というメリットは当然のことながら、「今後もこのようにSEOのトレンドが変わっても、対応したテンプレートを利用し続けることができる」というのが『賢威』の「無料バージョンアップ」による「真の価値」だということです。

1度購入して、10年間、その時その時のSEOのトレンドに合わせたテンプレートが利用できるというのは『賢威』以外に無いのです。

『賢威』のバージョンアップは単純にテンプレートの見た目のデザインが変わっているだけではありません

4.プロのSEOコンサルタントによる『SEO戦略マニュアル』

『賢威』が売れ続けていると私が考えている4点目は『SEO戦略マニュアル』です。

もともと『賢威』はプロのSEOコンサルタントである松尾茂起さんがフリーランス時代に開発したものです。

余談ですが、私もSEO業界に身を置いていた際、もう6~7年くらい前かなと思いますが、何度かメールで『賢威』について問い合わせをしたことがあり、松尾さんにはとても紳士的な対応をしていただいたのが印象に残っています。

さて、松尾さんはSEOコンサルタントとして、2014年7月現在までに、SEOコンサルティング実績が600社とのこと。

クライアントはSEO会社も含み、上場企業や中小企業、個人経営者まで幅広くコンサルティングされているそうです。

その松尾さんが実際のSEOコンサルティング業務でも使用しているというのがこの『SEO戦略マニュアル』なのです。

この『SEO戦略マニュアル』を読めば他はいらない

私ももちろんこの『SEO戦略マニュアル』を読んでいますが、これさえ読めば、他のSEO本やノウハウはほぼ必要ありません

SEOの基本を網羅的に学ぶことができ、SEO初心者さんにとって最適なマニュアルになっています。

あとは、SEOのトレンドやテクニカルな話題を適宜ネットでチェックするくらいで知識面は万全です。

私が一番注目した項目は「外的SEO」

『SEO戦略マニュアル』のSEOの基本的な箇所は当然おさえておくとして、それ以外で私が最も注目した項目は「第四章 外的SEOとプランニング~外的要因の強化~」です。

外的SEO」とはどこかのページからリンクされる「被リンク」のことを意味します。

被リンクを「売らない」「買わない」というポリシー

『賢威』の公式サイトにもありますが、『賢威』を販売している「ウェブライダー」さんは、「被リンクを「売らない」「買わない」というポリシーで、徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOによって、数多くのサイトを上位表示させてきた」という会社です。

このようなポリシーを貫いてSEOコンサルティングをされてきた企業さんというのは、SEO業界では少数派です。

今でこそ「コンテンツSEOの時代」等と強く言われるようになり、ウェブライダーさんのようなポリシーで行っているSEOサービスも増えているとは思いますが、他社に先駆けてノウハウを蓄積されてきたプロのノウハウが詰まった章になります。

今後『賢威』を使って中・長期的に継続的な利益を志向するサイト運営を目指す場合はとても参考になる内容となっています。

5.常設されているサポート体制

私が考える『賢威』が10年売れ続けている理由の最後は「常設されているサポート体制」です。

『賢威』を購入すると購入者限定の「賢威サポートページ」にログインできるようになります。

ここで『賢威』や『SEO戦略マニュアル』をダウンロードしたり、お役立ち情報の閲覧の他、「賢威サポートフォーラム」を利用することが可能です。

このサポート体制について素晴らしい点が3つあります。

  1. サポートは代表を含む、一線で活躍するWebクリエイター
  2. 大体は次の日までに返答があるスピード感
  3. サポート体制に対する考え方

1.サポートは代表を含む、一線で活躍するWebクリエイター

まず、サポート体制の素晴らしい点の一つ目は、「サポート担当者は全員が一線で活躍するWebクリエイター」であること。

中にはウェブライダーの代表である松尾さんも含まれていますし、『賢威』のテンプレート制作に携わっているクリエイターさんもいます。

「賢威サポートフォーラム」では、その一流のクリエイターさんによる、『賢威』を使ったサイト制作のアドバイスをしていただけるのです。

もちろん、「〇〇のサイトと同じようにカスタマイズしたい」というような広く漠然とした質問だと「解決策の方向性を示す返答」となってしまいますが、「メニューの位置を変更したい」とか「〇〇が消えてしまう」といった問題でしたら、解決まで的確に返答していただけます。

(そもそも「賢威サポートフォーラム」では14,000件以上の質問などの投稿とその回答があり、過去の膨大なノウハウの蓄積がありますので、その内容を検索して解決できることも多々あります)

このようなスペシャリストに無期限でアドバイスを得られる環境が提供されているというのは、特にWebサイト制作の初心者さんなら大変心強いと思います。

一流のクリエイターが専任のサポートとして5名も在籍しているというWordPressのテンプレート販売サービスは他にありません

2.大体は次の日までに返答があるスピード感

サポート体制の素晴らしい点の二つ目は、「返答までのスピード感」です。

「賢威サポートフォーラム」には、毎日10件程度の書き込みがあります。

書き込みのほとんどは『賢威』のカスタマイズに関する質問なのですが、この返答スピードがまた素晴らしく、早ければ当日、大体は翌日には返答があるのがほとんど。

私も「賢威サポートフォーラム」に質問をしたところ、夕方16時ごろに質問をして、その日の19時には返答がありました

質問の翌日にマイナーバージョンアップ対応でびっくり

私の質問は『賢威』のカスタマイズというよりは「ある挙動の疑問点と期待する結果にならない問題の解決」でした。

即座に対応していただけ、翌日には解決したのですが、さらに驚いたことに、私が質問した内容は「『賢威』の不具合扱い」となり、その日の内にマイナーバージョンアップでテンプレート自体が更新されました!

たまたま、新しいテンプレートのリリースとテンプレートの更新が同日だったので、ついでの更新だったかもしれませんが、それにしても対応の早さに驚きました。

3.サポート体制に対する考え方

サポート体制の素晴らしい点の三つ目は、「サポート体制に対する考え方」です。

Webサイトは公開後の運用が大事

ウェブライダーさんの会社サイトで以下のような一節があります。

サイト制作においては、制作後の運用こそが最重要と考えている

これは私も何度も「ウンウン」とうなずいてしまった内容です。

私はこれまで、Web制作からディレクションまで、いろいろな案件に携わってきましたが、サイトを作るまでは一所懸命で、公開後しばらくしたらほったらかし、何かと分からなくなって挫折……というケースが非常に多いです。

しかし、さすが松尾さん、自らSEOコンサルタントとして現場でご活躍されているからこそ、この「運用が最重要と考えて、『賢威』のサポート体制を拡充している」と会社サイトの方でもおっしゃっています。

このような考え方自体も大変共感できますし、それをサービスとして10年も続けているというのは、私もWebサービスの運営経験があるので、この「大変さ」や「凄み」というのがよく分かります。


以上が、私が考える『賢威』が10年間売れ続けている「5つの理由」になります。

『賢威』の疑問に“元SEO業界人”が答えます

インターネット上で散見される『賢威』の口コミや評判を参考にしながら、『賢威』の疑問について“元SEO業界人”の私が答えます。

『賢威』で検索順位は上がるのか?

『賢威』に期待することのひとつは、やはり「SEOで検索順位が上がるか」という点ですよね。

正確にお答えしますと、検索エンジンの上位表示決定要因としてプラスになり得ますが、確実に上位表示できるとは言い切れません

SEOの世界で「絶対に順位が上がる」という人がいたら「詐欺」か「信用できない人」だと考えて大丈夫です。

ただ、もちろん「『賢威』ではSEOに効果が無い」というのではありません

SEO対策とは「できることの積み重ね」

Googleの検索順位を決定するためのアルゴリズムは200以上あると言われています。

SEO対策というのは、それらの中から、できることを優先順位を付けて積み重ねていく作業です。

Googleの200以上のアルゴリズムから『賢威』がカバーするのは、「サイト内でのSEOの内部対策の一部」です。

上位表示を期待して『賢威』を購入する、ということは、この「サイト内でのSEOの内部対策の一部」を『賢威』に任せる、ということなのです。

他にも順位を決定する要因がたくさんありますので、それらを意識し、対策することで上位表示が実現します。

ですので、もし『賢威』を使えばあとは記事をアップするだけで、何でもSEOで上位表示ができると考えているとしたら、それは間違いですので、『賢威』を購入すべきではありません。

『賢威』は買う価値があるのか?

『賢威』を買う価値は買う人の状況や求めている内容によって変わります

これまでの経験や知見をもとに、「『賢威』を購入する価値がある方」と「『賢威』を購入すべきではない方」についてまとめます。

『賢威』を購入する価値がある方

  • SEOの基本的な内部対策はテンプレートに任せたい
  • サイトやブログを複数作る可能性がある
  • 『賢威』のテンプレートのデザインが気に入っている
  • HTMLやCSSの初心者で、カスタマイズのサポートが必要な方
  • プロのSEO戦略ノウハウを学んでおきたい

『賢威』を購入すべきではない方

  • 『賢威』だけで検索順位が上がると勘違いしている
  • 『賢威』のテンプレートのデザインが気に入らないが、カスタマイズする気概が無い

『賢威』はどのようなサイトが適しているか?

『賢威』は「HTML版」と「WordPress版」があるので、基本的にどのようなサイトでも構築できます

「HTML版」と「WordPress版」の違い

「HTML版」は、一般的に「HTMLサイト」とも呼ばれる、いわゆる「静的なサイトやページ」のこと。

「静的なサイトやページ」は、HTMLで記述した内容がそのまま表示されることを意味しています。

「WordPress版」の「WordPress(ワードプレス)」とは、ブログサイトでよく利用される、無料で利用が可能なCMS(コンテンツ マネージメント システム)で、「動的サイトやページ」と表現されます。

「動的なサイトやページ」は、サーバー上のプログラムやデータベースが処理した情報をブラウザ上に表示します。

「HTML版」では、直接、HTMLファイルにHTMLやjavascript等の記述をするのに対し、「WordPress版」はWordPressの「テーマ」というテンプレートとして、WordPressのシステムに適用させて利用します。

HTML版に適したサイト

  • 1ページだけのペラサイト
  • ページ数が少ないサイト
  • あまり更新しないサイト

HTML版は「数ページ程度のページ数が少ないサイト」が適しています。

この他、WordPressが利用できないサーバーなど環境的にWordPress版が利用できない場合もHTML版を使うことになります。

なお、もちろん、上記に挙げた特徴のサイトをWordPress版で作成することも可能です。

WordPress版に適したサイト

  • ページ数が多いサイト
  • 更新頻度が高いサイト

WordPress版は「サイトのページ数が多い」場合に最適です。

ブログサイトやコンテンツを拡充していくタイプのサイトですね。

『賢威』と『SIRIUS(シリウス)』はどちらがいいか?

『SIRIUS(シリウス)』とはアフィリエイターに人気のWebサイト作成ツールですが、こちらは前述の「HTMLサイト」を作成するツールになります。

『賢威』と『シリウス』の違い

『賢威』と『シリウス』の違いについて、一言で比較すると、『賢威』はWebサイトのテンプレートで、『シリウス』はWebサイトのテンプレートとその編集ツールになります。

一見、『シリウス』の方が「編集ツール」が付属している分、お得に思えますが、双方にはWebサイト構築のスタイルによって得意・不得意があり、使い分けて利用すべきもので、単純にどちらの方が優れているというものではありません。

構築するWebサイトが「HTMLサイト」かどうかで変わる

『賢威』と『シリウス』を使い分けるポイントは構築するWebサイトが「HTMLサイト」かどうかです。

『賢威』の「HTML版」を編集するには、Windowsでしたら「メモ帳」「秀丸」等のテキストエディタを使って、直接HTMLの編集をします。

『シリウス』では、HTMLを編集するツールが主体の商品ですから、「HTMLサイト」を簡単・手軽に編集できます。

ですので、前述の「HTML版に適したサイト」を構築することが中心でしたら、『賢威』ではなく『シリウス』の方が適しているということになります。

ただ、注意点としては、『シリウス』はWindowsのみ対応となっており、Macには対応していないのと、ページ数が多くなる場合はシステム的に『シリウス』は不向きになってきます

これらの点に注意しながら、自分が構築するWebサイトが「HTMLサイト」なのかどうか、今後どのようなサイトを構築していくのかを考えて『賢威』か『シリウス』を選択してください。

『賢威』と他のWordPressのテンプレートとの違いは?

『賢威』は発売から10年目になりますが、発売初期の頃と比較すると現在はWordPressのテンプレートが有料・無料に関わらず、たくさん出回っています。

これらと『賢威』の違いや選択のポイントを解説します。

SEO面での違い

前述の通り『賢威』がSEO面でカバーしてくれるのは「サイトの内部対策の一部」です。

この点は、他のWordPressテンプレートとの違いはありません。

ただ、その「サイトの内部対策の一部」の在り方がテンプレートによって違います。

未だにSEOの事が全く考慮されていないテンプレートもありますし、テンプレートを作成された方のSEOに対する考え方によって対策のされ方が違うのです。

ただ、私自身も、これまで有料・無料の数々のWordPressテンプレートを使った経験がありますが、『賢威』以上の内部対策が施されたテンプレートはありませんでした。

ですので、SEO面で『賢威』以外のテンプレートを選ぶ必要性は無いと考えています。

WordPressテンプレートを選ぶポイント

ポイントはズバリ「運用をどう考えるか」です。

繰り返しになりますが、特に

  • 今後、いくつかのテーマでページ数の多いサイトを構築していきたい
  • HTMLやCSSのカスタマイズに自信が無く、無期限のサポートを望む

という場合は、迷わず『賢威』を選びましょう。

『賢威』なら現時点でも趣向の違うテンプレートが複数利用できますし、カスタマイズの技術に自信がなくても、強力なサポート体制があります。

そうでない場合は、デザインの好みや価格、予算に応じてテンプレートを選ぶとよいでしょう。


『賢威』の疑問についての回答は以上です。

『賢威』の特典について

『賢威』に限らず、特に情報商材系の商品には特典がついていることが多いのですが、この「特典」についてお伝えしたいのは、「無駄が多い」ばかりか「時間が損する」ということです。

実は私もいわゆる「情報商材」を買ってみたのですが、特典としてついていたものが「無価値」と感じたものばかりで、内容を確認するのにかかった時間が無駄になりました

特典の数が、ひどいものに至っては「何百もの情報がてんこ盛り」とやたらと多いものもありますよね。

購入の後押しにはなったのかもしれませんが、買った方としては、それらをダウンロードしたり、PDFファイルを開いてチェックするだけで相当な時間を要します。

それで中身が大したことの無ければ、時間泥棒もいいところです。

当サイトの『賢威』オリジナル特典

このように「特典」については本当に有益なものでなければ、購入者さんにとってはむしろ「」になるという想いを強く抱いているため、有益と考える特典以外は何もつけないことにしました。

「貴重な時間を奪わない」という点では「特典をつけないことが特典」という笑えない状況がこの業界に溢れていると感じます。

まあ、もりもり特典を付けた方が売れるとは思うのですが、お客様のためにならないと考えているので、そういうのはしたくないですね。

このような思想のもと、当WebデザイナーFANから『賢威』をご購入いただいた方には、特典として、私、“元SEO業界人”がSEOのアドバイスをさせていただきます

SEO以外でもWeb制作やWebマーケティングなど気になる点がありましたら、アドバイスさせていただきます。

期限は購入から1か月間、メールベースでのみとなりますが、常識の範囲内で特に回数等の制限は設けません。

購入後、こちらのお問い合わせフォームより、購入IDとともにアドバイスを受けたい内容を記入して送ってください。

オリジナル特典が受けられるかの確認と『賢威』の購入

当サイトのオリジナル特典が受けられるかは、後述のリンクをクリックし、以下の画像のように当サイトの特典に関する案内があるかを必ず確認してください。

特典が受けられるかの確認

『賢威』の購入

WebデザイナーFANのオリジナル特典付き『賢威』の購入はこちら

私は現在、資本金で数千億円の企業様のWebサイト運営に関するサポート等も行っておりますので、何かお役に立てるアドバイスができればと思います。

事前のご質問も受け付けていますので、こちらからお気軽にお問い合わせください