WordPressで記事に装飾を入れる際に、単純な太字や色をつける以外に、自分で定義したスタイルを適用させたいことが多々あります。

この時、タグをいちいち手入力やコピペするのは大変非効率なので、何回も使うタグはあらかじめストックしておき、プルダウンで選択できるようにするWordPressのプラグイン「AddQuickTag」をご紹介します。

「AddQuickTag」プラグインについて分かりやすいサイト

「AddQuickTag」の詳しい使い方や説明は以下のサイトがとても分かりやすかったのでご紹介します。

参考AddQuicktagによく使うタグを登録して記事作成の効率を上げよう

AddQuickTagのインストール方法

  1. WordPressの管理画面から左サイドバーにある「プラグイン」より「新規追加」をクリック
  2. 画面右上にある薄い文字で「プラグインの検索」と見える入力ボックスに「AddQuickTag」を入力かコピペしてリターンを押す
  3. 画面左上に「AddQuickTag」が表示されているはずなので、「今すぐインストール」をクリック
  4. 画面が切り替わったら「プラグインを有効化」をクリックして完了

なお、インストール後に必要な設定は特にありません。

賢威で設定されているスタイルを登録する例

賢威ではあらかじめ多数のスタイルが設定されています。

例えば文字を太字にするスタイルがあります。タグでの指定は「class=”b”」で適用できますが、これをAddQuickTagで利用する際は、以下のように記載します。

  • ボタン名:太字
  • 開始タグ:<span class=”b”>
  • 終了タグ:</span>

これで設定を完了させ、記事執筆の際に、太字にしたい文字を囲んで適用すればOKです。