WordPressのプラグインでTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)等のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のシェア数を取得し、キャッシュで利用できる「SNS Count Cache」をご紹介します。

「SNS Count Cache」について詳しい解説が分かるサイトをご紹介

WordPressのプラグインと言えば海外の方が作られたものが多い中、「SNS Count Cache」は数少ない日本人作成のものです。

プラグイン作成者さんのサイトが一番詳しいのでご紹介します。

参考[試] 表示速度改善のその先へ!進化するWordPressプラグイン SNS Count Cache

どんな時にこのプラグインが必要なの?

「SNS Count Cache」が必要になるケースというのは、「通常の各SNSサービスが提供するAPI等を利用したSNSボタンを利用していたら、ページの表示が遅くて困っている」という場合です。

ページを表示する毎にいちいち各SNSサービスと通信して、ページが読み込まれるまで時間がかかるということが往々にして発生します。

「SNS Count Cache」を利用することで、ネットワークを介さずにキャッシュから各SNSのシェア数を取得するので、ページ読み込み速度の改善が期待できます。

SNS Count Cacheのインストール方法

  1. WordPressの管理画面から左サイドバーにある「プラグイン」より「新規追加」をクリック
  2. 画面右上にある薄い文字で「プラグインの検索」と見える入力ボックスに「SNS Count Cache」を入力かコピペしてリターンを押す
  3. 画面左上に「SNS Count Cache」が表示されているはずなので、「今すぐインストール」をクリック
  4. 画面が切り替わったら「プラグインを有効化」をクリックして完了

なお、インストール後に必要な設定は特にありません。