WordPressの管理画面で、ビジュアルエディタを使う際に、上部の画像のように見出し(h1~h6タグ)を選択して設定できるようになっています。

ただ、当サイトではSEOに強いWordPressのテンプレート「賢威」のバージョン7を利用していますが、トップページのh1タグは「サイト名」、記事ページのh1タグは「記事タイトル」となっており、記事内ではh1タグを利用する機会がありません

そもそも基本的にh1タグは「1ページの中で1つのみ利用する」のが妥当です。

また、「見出し5」と「見出し6」もほとんど使うことがありませんし、「整形済みテキスト」も利用しないので、使うものだけ残して記事執筆をしやすいようにカスタマイズする方法をご紹介します。

functions.phpを編集します

当サイトでは賢威の子テーマで運用しているので、子テーマフォルダにある「functions.php」に以下を追記します。

//管理画面の「見出し1」等を削除する
function custom_editor_settings( $initArray ){
$initArray['block_formats'] = "段落=p; 見出し2=h2; 見出し3=h3; 見出し4=h4;";
return $initArray;
}
add_filter( 'tiny_mce_before_init', 'custom_editor_settings' );

追記した結果

上の画像のように、すっきりしました。

現段階では以下の4つにしましたが、利用状況に応じてカスタマイズしましょう。

  • 段落
  • 見出し2
  • 見出し3
  • 見出し4