WordPressを運用していると画像を掲載する機会もたくさんあるかと思います。

最近のサイト運営の潮流では、スマホユーザーの増加による、モバイルフレンドリーを重視するようになってきており、スマホの回線速度が向上しているとはいえ、画像はできるだけ軽くして掲載するのがユーザーにとって優しいページになります。

WordPressでは、「EWWW Image Optimizer」というプラグインがあり、こちらをインストールするだけで、画像をアップロードするたびに自動で画像が劣化(していると見分けがつかない程度に)することなく、圧縮してくれます。

参考サイト

EWWW Image Optimizerの詳細については以下のサイトが詳しいので、適宜ご参照ください。

参考画像を一括で圧縮できるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

インストール後に何か設定する必要はありません

EWWW Image Optimizerをインストール後、有効化したあとに、何か設定を変更することはありません

前述のサイトで、「「Basic Settings」という画面になるのを確認して「This will remove ALL metadata: EXIF and comments.」という項目にチェックを入れます」とありますが、現在、デフォルトでこの箇所にチェックが入っていますので、インストール後、有効化すれば、そのままで問題ありません。