Ping送信とは、ブログサービスなどの様々なサービスを運営している会社の「Pingサーバー」にブログの更新情報を通知するものですが、主な目的としては検索エンジンのインデックス促進のために行います。

WordPress自体にもPing送信をする仕組みはありますが、プラグインの「WordPress Ping Optimizer」を利用することをおすすめします。

参考サイト

WordPress Ping Optimizerの詳細については、詳しく解説されているサイトがありましたのでこちらをご覧ください。

参考『WordPress Ping Optimizer』の設定とPing送信先一覧2014年夏

※記事中の最後の方で、「設定を終えてからは、記事を更新するたびに設定したPing送信先へ更新情報を流してもらえるようになります。」とありますが、「記事を公開するたびに」の間違いと思われます。

なお、WordPress Ping Optimizerの有効化以降で特に設定の変更等はありません。

WordPressのPing送信に関する問題点

WordPress自体にあるPing送信の仕組みには2つの問題点があります。

  1. 記事を更新するたびにPing送信してしまう
  2. Ping送信のログが残らない

記事を更新するたびにPing送信してしまう

これが最大の問題なのですが、記事を更新するたびにPing送信をすると、送信頻度が高くなり各サービスから「スパム」と認定され、Ping送信がブロックされる可能性があります。

WordPress Ping Optimizerをインストールして有効化していれば、記事の公開時にのみPing送信できるので、このような心配が無くなります。

Ping送信のログが残らない

WordPress自体のPing送信の仕組みでは、Ping送信時の記録(ログ)が残りません。

Ping送信では、Pingサーバーの一時的な問題等で、たまにエラーが起きて正常にPing送信がなされないことがあります。

また、Pingサーバー自体のサービスが終了して、Ping送信ができなくなるということもあります。

そのため、Ping送信の記録が残っていれば定期的に送信内容を確認して、エラーが続くPingサーバーはリストから除外することで、無駄なPing送信をせずに、Pingを送信する側、される側のサーバーに負荷をかけずに済みます。

当サイトで登録しているPing送信先リスト

Ping送信先リストは独自に調査して現在も使えるものを以下に掲載します。

前述のサイトのリストとは違いますのでご注意ください。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.blo.gs/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogranking.net/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://serenebach.net/rep.cgi
http://xping.pubsub.com/ping/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://ping.dendou.jp/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.i-learn.jp/ping/
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/hidmbp2r256f